リコー、薄くなった7.1倍ズーム搭載「Caplio R6」という記事より。

有効724万画素CCD、画像処理エンジン「スムースイメージングエンジンII」、沈胴式の35mm判換算焦点距離28〜200mmの光学7.1倍ズームレンズ、CCDシフト式手ブレ補正機能などを継承しつつ、ボディを最薄部20.6mmに薄型化した。

「Caplio R5」の後継機となる「Caplio R6」が発表されました。基本的なところは抑えつつ、さらに薄くなっているということです。コンパクトデジカメとしてはありがたいですね。

ただしレンズの見直しがあり、開放F値がF3.3〜4.8からF3.3〜5.1に変更されています。液晶モニタが大きくなっているのはグッド。

しかし、顔を検出して調整を行う新機能も搭載です。

また新たに「フェイスモード」と呼ぶ顔検出機能を搭載。同社独自のアルゴリズムにより、画面内の顔を同時に最大4つまで検出し、顔に合わせた合焦、露出合わせ、ホワイトバランス調整を行なう。

最近のコンパクトデジカメには増えている機能の気がしますね。ポートレート撮影の機会は多いでしょうから、人物の顔が適切に撮れるというのは良いかも。

いろいろと新機能が追加されて薄くなった「Caplio R6」も良いですが、型落ちして価格がこなれている「Caplio R5」も良いんじゃないかと。ちなみにAmazonでは25,800円です。

RICOH デジタルカメラ Caplio R5 ブラック Caplio R5 (BK)

RICOH デジタルカメラ Caplio R5 ブラック Caplio R5 (BK)

RICOH デジタルカメラ Caplio R5 シルバー Caplio R5 (SL)

RICOH デジタルカメラ Caplio R5 シルバー Caplio R5 (SL)

■関連記事

リコー、7.1倍ズーム、薄型20.6mmのコンパクト型「Caplio R6」発表

高感度オートモードを新搭載し、手ぶれが起きそうになると自動で撮像感度を最大ISO 1600まで上げ(シャッター速度を速くし)、手ぶれを防止する。