オリンパス、デジタル一眼レフ「E-410」と「E-510」を発表という記事より。

E-410とE-510の最大の違いは、前者が小型軽量を重視したモデル、後者がボディ内手ブレ補正機構を備える多機能モデルであること。

オリンパスがデジタル一眼レフカメラ「E-410」と「E-510」を発表しています。価格はボディのみで「E-410」が9万円前後、「E-510」が12万円前後の見込みだそうです。

スタイルとしては、普通の一眼レフのようですが、ライブビュー機能を搭載しているそうです。

本体重量が「E-410」が375gというのは軽いですね。「E-330」が550gでしたから、ものすごい軽量化です。「E-510」が460gです。

個人的には、デジタル一眼レフでは手ぶれ補正はいらないかな、と思っているんですね。ブレたらブレたでそれも味(なんつって)。

そうか「E-410」は、ヨーロッパ限定だった「E-400」の後継モデルなのですね。

オリンパスファンには楽しみな春です。

■デジカメ比較・価格比較

楽天デジカメ市場(比較検索が便利)
Amazonでデジカメ比較

■関連記事

オリンパス、世界最小・最軽量のデジタル一眼「E-410」

液晶モニターは約23万画素の2.5型TFT。固定式ながら、広視野角タイプのパネルを採用しており、ローアングルやハイアングル撮影も可能としている。

オリンパス、ボディ内手ブレ補正とライブビュー搭載デジタル一眼「E-510」

2.5型約23万画素のTFT液晶モニターを搭載。視野角176度で、輝度が従来比20%増のハイバークリスタル液晶を採用する。