フラッシュと光量と写り具合の関係という記事より。

新しいデジカメを手にすると、まず最初にすることは日付と時刻の設定だが、次はフラッシュの発光モードを「発光禁止」に切り替えることだろう。

そうそう、そうなんですよ。やっぱり光って欲しくないときもありますからね。記事にもあるように、やたらめったらピカピカさせていると、薄っぺらく見えてしまうこともあります。

が、最近はぼくは逆光の時に意識してフラッシュを使うようになりました。昼間だからフラッシュなんて必要あんめーと思うかもしれませんが、逆光だと人物が暗くなってしまうので、そういうシチュエーションではフラッシュを焚いています。いい感じです。

ということでこの記事では、フラッシュのいい感じやそうでない感じの写真を見比べながら勉強することができますので、デジカメをはじめたという方はぜひ参考にしてみてください。

一眼レフとフラッシュなんてお話も出てきます。バウンス撮影も良いですね。

■デジカメ比較・価格比較

楽天デジカメ市場(比較検索が便利)
Amazonでデジカメ比較