三洋、高感度撮影に対応したハイビジョンムービーカメラ「Xacti DMX-HD2」という記事より。

DMX-HD2では撮像素子が有効710万画素になり、静止画撮影時の最高感度がISO1600に、動画撮影時の最低被写体照度が7ルクス(特定モードのみ)となった。

2006年9月に発売されたDMX-HD1Aの後継機だそうです。720pのハイビジョン動画が撮影可能です。感度が上がっているのが良いですね。さらにドックには、HDMI端子とD4端子も搭載です。

液晶モニターは15万画素の2.2型TFT。記録媒体はSDHC/SDメモリーカード。電源はリチウムイオン充電池。CIPA準拠による静止画撮影可能枚数は約180枚。動画の連続撮影時間は約85分。

テレビに合わせてハイビジョンにしたいという人もいるかもしれませんね。個人的には気軽に動画が撮れるのが、Xactiの良さだと思っていますので、あまり画質は気にならないかな?