コダック、二眼デジカメ「EasyShare V705」を国内販売という記事より。

V570同様に、2つの屈曲光学系と2つのCCDを2階建てで搭載する「コダック レチナ デュアルレンズ テクノロジー」を採用。

「EasyShare V570」の後継機となる「EasyShare V705」が日本でも発売されることになりました。レンズを二つ搭載するというギミックで、アッと驚かせてくれたアレです。

V570からの変更点は、CCDが有効710万画素になり、ISO1000での高感度撮影が可能になったこと。また、電源OFF時にストロボやホワイトバランスなどの設定を保持できるようになり、起動時間が短縮された。

「EasyShare V570」で不評だったら、設定情報の保持が可能になったようです。

「EasyShare V570」でもファームウェアのアップグレード等で対応してくれたら、その後の盛り上がり方も違ったのかなー、なんてちょっと思ったりもして。

ぼくも随分とデジカメは買い替えてきましたが、いかに手に馴染むか、そして愛されるか、がポイントかもしれませんね。

もちろん買い替えて貰わないとメーカーとしては話にならない訳ですが、それ以前に愛されて裾野を広げるというのがとても重要だと思います。

そういう意味において「GR DIGITAL」は、ファームウェアップデートで使いやすさが向上しているので、ぼくにとっては手放せない一台になりました。もちろん壊れたら、もう一台買うつもりでいます。

【実写速報】コダック EasyShare V705で外観写真などを見ることができます。

■デジカメ比較・価格比較

楽天デジカメ市場(比較検索が便利)
Amazonでデジカメ比較

■関連記事

コダック「V570」レビュー
「V570」と「GR DIGITAL」を比較
超広角レンズとズームレンズを搭載したコダック「V570」
二眼デジカメ、コダック「V570」の発売日は2月10日
V570パノラマフォトコンテスト