Adobe Lightroom、β3を公開—Mac版に加えWindows版も登場という記事より。

米Adobe Systemsは7月19日、プロの写真家をターゲットにしたデジタルカメラ画像処理ソフトウェア「Adobe Lightroom」の最新β版をWindows、Macintosh向けに公開した。

ネタフルでもAdobe「Lightroom」公開としてMac版のリリースを伝えていましたが、いよいよWindows版がリリースだそうです。

Adobe LightroomはLibrary、Develop、Slideshow、Print、Webというモジュールに分かれている。写真に関連するワークフローを大量に、きめ細かく処理していくことに最適化されており、Adobe Camera Rawにより120以上のネイティブRAWフォーマットに対応している。

MacではApertureというApple純正の競合するソフトがあるのですが、Windowsだとどうなのでしょうね。「Lightroom」がプロ向けの定番ソフトという位置づけになるでしょうか?