雨と水滴とシャッタースピードの関係という記事より。

雨の中にカメラを持ち出すのはあまりよくない。濡れたら壊れちゃうかもしれないし、レンズに水滴がついちゃったりするし。でも自分が濡れない場所にいればいいのだ。ヒサシの下でも窓の中でも問題はない。

雨の日の写真てのも、またそれはそれで味があって良いですね。今日は雨だから、写真でも撮りにいくか、なんて。

ということで、雨の日の写真の撮り方を説明している記事です。

背景が空だと、白い空に透明な水なので何を撮ってるのか分からなくなるが、黒い背景に透明な水だと、水は周りを反射して白っぽくなるのでよく目立つわけだ。

雨の日の写真というのもなかなか良いものですね。同じ景色でも違って見えるような。

他にも「雨の日こそマクロ」というのもあるのですが、これは確かに。水滴のついて植物って、癒される気がしませんか。

今にも落ちそうなんだけど表面張力でなんとか踏みとどまっている水滴というのも風情があってよい。

いいなぁ、風情がありますよ、本当に。

■デジカメ比較・価格比較

楽天デジカメ市場(比較検索が便利)
Amazonでデジカメ比較