ソニー、デジタル一眼レフカメラに参入が2005年7月、コニカミノルタ、カメラ事業から撤退が2006年1月、ソニー、一眼レフデジカメのブランド「α」に決定が5月と、わずか1年の間に駆け足で進んできたソニーのデジタル一眼レフカメラ参入ですが、ついに実機となる「α100」が発表されました。

発表された本体には、大きく「SONY」のロゴ、そして「α」の文字。価格はボディのみが10万円前後、ズームレンズキットが12万円前後ということで、標準的な価格帯になっています。発売も7月21日ともうすぐです。

手ぶれ補正にアンチダスト機能と、これまで発売されている一眼レフデジカメの良いとこ取りをした感じでもあります。さらにファインダーに接眼すると動作する「アイスタートAF」も。重量は638g。

これまでのαファンはもちろん、ソニーのデジカメを使っていて一眼レフデジカメにステップアップしようと考えていた人に最適なモデルとなることでしょう。

SONY デジタル一眼レフカメラ α100 ボディ単体 ブラック DSLRA100/B
SONY デジタル一眼レフカメラ α100 ボディ単体 シルバー DSLRA100/S
SONY デジタル一眼レフカメラ α100 ズームレンズキット ブラック DSLRA100K/B
SONY デジタル一眼レフカメラ α100 ズームレンズキット シルバー DSLRA100K/S
SONY デジタル一眼レフカメラ α100 Wズームレンズキット ブラック DSLRA100W/B

ということで、たーくさんの関連記事をお送りします。

■関連記事

ソニー、デジタル一眼レフ「α100」

レンズマウントはコニカミノルタから受け継いだαマウントで、α DIGITALシリーズの特徴だった、撮像素子を移動することで光軸のブレを補正する「撮像素子シフト式手ブレ補正機構」も搭載する。

ソニー、デジタル一眼レフ「α100」を7月21日に発売

シャッター速度は1/4000秒~30秒。連続撮影のフレームレートは最高毎秒3コマ。連続撮影可能枚数 はJPEGファイン形式が無制限、RAW形式が6コマ、RAW+JPEG形式が3コマ。

【速報】ソニーのデジタル一眼「α」、ついに登場【写真追加】

大容量バッテリーパックを採用し、約750枚の撮影を可能にしたという。

ソニー一眼レフ第1弾「α100」、7月発売

ほぼ世界同時に同ブランドで発売し、当初は月産8万台の計画。本年度に世界シェア10%を目指す。

ソニー「α100」発表会写真レポート

外観はα Sweet DIGITALとよく似ているが、これはコニカミノルタとの共同開発時代の名残という。ブラック、シルバーともマットな塗装が施され、質感は両カラーで同等。

ソニー初のデジ一眼“α”—手ブレ補正+1020万画素「α100」

「α100」は有効1020万画素の自社開発CCDを搭載。最大3872×2592ピクセルの画像を撮影できる。αシリーズのために新開発された画像処理エンジン「Bionz(ビオンズ)」を搭載。

ソニー、デジタル一眼レフカメラ「α100」発表会を開催

αロゴに用いたブランドカラー「辰砂(しんしゃ:シナバー)」にも触れた。落ち着いたオレンジ色というイメージのその色は、日本独自の色。辰砂は鉱物のひとつで、朱色や赤絵の具に使われている。

ソニー、CCDシフト方式手ぶれ補正採用デジタル一眼レフ「α100」発表

液晶モニターは2.5型約23万画素。メディアはCF TypeI/II(microdrive)に対応するほか、付属のアダプタでメモリースティックDuo/メモリースティックPRO Duoも利用できる。

ソニー製「α」は7月21日発売 - レンズやアクセサリもソニーブランド

ファインダーはアイレベル固定式のルーフミラー式。倍率は約0.83倍(50mmレンズ無限遠時)、視野率は95%。

ソニー、デジタル一眼レフカメラ「α100」を発表-カールツァイスレンズも発売

「写真をただ撮ってプリントして楽しむというだけでなく、HDDレコーダーに保存して、それを大画面テレビで楽しむといった、AV商品との融合を視野に入れたソニーならではのデジタル一眼レフの楽しみ方を提案していきたい」

ソニー、αマウント搭載カメラ用「Carl Zeiss」レンズ3本

3本ともT*コーティングが施され、「微細な質感を表現するシャープな描写と高コントラスト」、「ヌケの良さ」を特徴とするとしている。

ソニー、αマウントシステム採用の交換レンズ「ソニーαレンズ」を発表

ラインアップに用意されるのは「Planar T* 85mm F1.4 ZA『SAL85F14Z』」「Sonnar T* 135mm F1.8ZA『SAL135F18Z』」「Vario-Sonnar T* DT 16-80mm F3.5-4.5 ZA 『SAL1680Z』」の3本。

ソニー、デジタル専用ズーム3本を含むαレンズ16本

αレンズはコニカミノルタのα-レンズを継承するレンズ群。5本のズームレンズ、6本の単焦点レンズ、2本のマクロレンズがラインナップされる。また、ズームレンズのうち3本はデジタル専用のDTレンズとなっている。

ソニー、αマウント用高性能レンズ「Gレンズ」3本

コニカミノルタのG-レンズを継承する高性能レンズ群で、35mm F1.4、70-200mm F2.8、300mm F2.8がラインナップされる。いずれも35mm判に対応する。

ソニー、α100用外付けストロボなど、アクセサリー各種

ソニーは、デジタル一眼レフカメラ「α100」用の、外付けストロボを始めとするアクセサリー各種を7月21日より順次発売する。

ソニー、実機にさわれるα100の先行展示会

ソニーは6日、東京銀座のソニービルで、同社初のレンズ交換式デジタル一眼レフカメラ「α100」を7月21日の発売に先立って一般公開した。

【フォトリポート】ソニーのデジタル一眼「α100」を写真でチェック!

αブランドをソニーのデジタル一眼レフカメラで継承することを発表した際、「αという名前をよくぞ残してくれた!」という感謝や激励の手紙がいくつも舞い込んできたという。

α100以上に大人気!? 会場に華を添えたコンパニオンを激写!

各社のカメラマンのうるさい要求にも笑顔で応えてくれて、α100の魅力を引き出していました。