アキバの駐禁取り締まりは?あの“デジカメ”の正体は? 改正道交法初日に駐車監視員を追跡!という記事。

万世橋警察署管内の駐車監視員が使用していた機器は、確認標章を印刷するための端末とデジカメ単体との組み合わせ。見たところ、リコーの「Caplio Pro G3」に似ているではないか?

まだ取り締まりをしている場面には遭遇したことないのですが、デジカメを持ち歩いて撮影するらしいですね。

よくよく調べてみると監視員が持っているこのデジカメ、通信機能を備えており、撮影した画像データを確認標章を印刷する端末に送信できる仕組みらしい。

無線LANカード、PHS、さらにはGPSカードまで装着できるらしい「Caplio Pro G3」がベースになっているようです。フル装備にするともの凄い機能ですね。

製品情報ページは製品情報 / Caplio Pro G3 | Ricoh Japanで見ることができます。価格は99,800円だそう。