実売25,000円以下! エントリーモデルの実力(前編)という記事より。

黎明期からデジカメに散財し続けてきたヒトバシラーから見れば「これだけ完成度が高く、デザインや作りも良くなったデジカメが実売4万円前後で買えるなんて、幸せな時代になったものだ」と感慨にふけってしまうが、カメラにさほど興味のない人は「たかかコンパクトカメラごときに4万円も払いたくない。もっと安いデジカメでいいや」と思うのではないだろうか?

いやー、確かにこの感覚はあるでしょうね。一眼レフデジカメ? 必要ないよー、というのが一般的な感覚だと思いますし、確かにコンパクトデジカメに4万円も5万円も払いたくないという人の方が多いでしょう。

ということで、この記事です。実売価格25,000円以下のデジカメの使い勝手や写りを比較してくれています。最近はこの価格帯でもなかなか良さそうなデジカメがあるので、ちょっと欲しいと思っている人は是非参考にしてみてください。

デザイン、液晶モニター、バッテリー、画素数、レンズ、高感度、ブレ低減など、様々な角度からレビューされています。

実売25,000円以下! エントリーモデルの実力(後編)では次のようなまとめが。

実売25,000円未満の6機種で、代表的なシーンを撮り比べてみたが、想像以上にまともに写るのに驚かされた。廉価なモデルとはいえ、レンズ性能に手抜きはなく、ごく四隅を除けば像の乱れも少なく、夜景やマクロ撮影もそつなくこなす。コストパフォーマンス的には、かつての銀塩コンパクトになんとか追いついてきたのではないだろうか?

ただし、液晶モニタには不満があるということです。初心者にとっては、液晶モニタはできるだけ大きい方がいいのでは、とぼくも思います。設定も見やすいし、みんなでわいわいプレビューするのも楽しいですしね。

とかいろいろ考えると、個人的にはオリンパス「CAMEDIA FE-150」かもしれません。

OLYMPUS デジタルカメラ CAMEDIA FE-150

OLYMPUS デジタルカメラ CAMEDIA FE-150

■デジカメ比較・価格比較

楽天デジカメ市場(比較検索が便利)
Amazonでデジカメ比較