キヤノンもフィルムカメラ開発終了へという記事より。

キヤノンの内田恒二社長は25日、記者会見し、フィルムカメラ事業について「今後は新規開発は難しい」と話し、新製品の開発を終了する方針を明らかにした。

キヤノンが、フィルムカメラの新規開発を終了する方針だということが判明しました。

撤退ではなく、既存の商品は需要がある限り販売を続けるということですが、ラインナップを整理するなどは避けられないかもしれません。

1月には、

ニコン、フィルムカメラから撤退
コニカミノルタ、カメラ事業から撤退

というニュースもお伝えしていました。

内田社長は「写真印刷の手軽さなどはデジタルカメラの方が上。フィルムカメラ縮小は世の流れだ」とデジタルの利点を強調。その上で「市場の状況をみるが、今後の需要は(マニア層など)特殊なニーズに限られ、新規開発をしても商売として成立しない」と説明した。

確かに。一眼レフデジカメが手頃な価格で入手できるようになりまたしから、フィルムカメラはマニア向けの製品になりました。出荷台数も減っているので、新規開発を断念ということですね。

Canon EOS-1V ボディ

Canon EOS-1V ボディ

Canon EOS-3 ボディ

Canon EOS-3 ボディ