【特別企画】キヤノン EOS 5Dで雪夜を撮るという記事。

今回の企画は、前回EOS 5Dで捉えた夜景、闇景の北海道編として旅に出かけたのだった。実際に北海道を旅してみると、予想以上に内容が濃くて、夜の「雪夜を撮る」に加え、昼の「雪の町を撮る」を追加して2回に渡る掲載にしてみた。

レンズは「EF 24-105mm F4L IS USM」だそうです。

むむむ。ええなぁ、この写真。なんていうだろう、時間を止めて切り取ったようなリアル感がありつつ、のっぺりとしてこってりした感じの質感。これって、画素数によるものなんでしょうか。それとも露出とかそういうあたりなのかな。

雪に埋もれるようにして建つ家々。積もった雪の表層の質感が、光量の少ない夜の中で非常に濃密に描写されている。5Dの描写力には驚く。

と書かれているあたり、やはり5Dによるところが大きいのでしょうか。凄く優しい印象の写真です。

30Dええなぁと思いましたが、これ見ると断然5Dな気がしてきました。でも5Dになると、デジタル専用のレンズ資産が活かせないかぁ。とはいえ、とりあえず単焦点が一本あればいいかな。とも思ったり。

しかし!

ボディのみで322,500円というのを見て、現実に帰還いたしました!

Canon EOS 5D

Canon EOS 5D