動物園と想い出の関係という記事より。

子どもと動物園に行った記念の写真を残すだけじゃなくて、せっかく行ったんだから、後で「この動物はなんだった?」とか「この動物は、ここがこんな風になってたんだね」と、子どもと写真を見返しながらそのときの話ができたりすると、なお楽しいのである。

ということで、動物園でこんな写真撮ったら、という記事です。

これは本当に色々な構図で撮られていて、参考になりますね。横から撮る、肩越しから撮る、ピントの合わせ方、広角で撮る、望遠で撮る、身を乗り出して撮る、連写で撮るなど、非常に参考になります。

自分で構図を考えだすのも良いですが、あらかじめベーシックなものは頭に入れておきたいものです。

ガラス越しの撮影方法なんてのもあります。

ガラス越しで撮るときの基本は、「ガラス面での反射をいかに最小限に抑えるか」。例えば、園内に置いてあった古いバスを例にして見てみよう。

ガラス面にカメラを押し付ける。知らない人も多いかもしれませんね。

ちなみになかなか楽しそうなんですが、これはどこの動物園なんでしょうか?

■デジカメ比較・価格比較

楽天デジカメ市場(比較検索が便利)
Amazonでデジカメ比較