【新製品レビュー】リコー Caplio R4という記事より。

光学7.1倍ズームレンズ・手ブレ補正搭載と魅力的なスペックを備えた「Caplio R4」が登場した。これだけのズーム倍率、しかもワイド端で28mm(35mmフィルム換算時)という広角撮影も可能でありながらコンパクトサイズを実現したCaplio R4は、お散歩カメラに最適なカメラだ。

光学10倍 + 手ぶれ補正な「LUMIX DMC-TZ1」もなかなか良いと思いましたが、光学7.1倍 + 手ぶれ補正 + 広角の「Caplio R4」もいいなぁ。

リコーは「GR DIGITAL」といい、広角に強い面白いコンパクトデジカメを出してきますね。

広角だけで良いんじゃあああ! という割り切りができれば「GR DIGITAL」は非常にお薦めなのですが、もしかしたら望遠も使うんじゃ、という人には7.1倍(28〜200mm)も光学ズームがあれば良いでしょう。

写真を撮り慣れてくると、広角が楽しくなります。だから、個人的なお薦めは、

・広角35mmの「LUMIX DMC-TZ1」

よりも、

・広角28mmの「Caplio R4」

です。広角の方が使う機会が多いんじゃないかなぁ、と。

R4は、ボディデザインやスペックを含め、前モデルのR3からそれほど大きな違いがあるわけではない。本体サイズは95×26×53mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約135g(本体のみ)で、R3とまったく同一。

サイズも 234gの「LUMIX DMC-TZ1」よりもコンパクトにまとまっています。コンパクトカメラは持ち運び重視でもあるので、このサイズは嬉しいところ。レンズ部分のシャッターが自動開閉するのも良し。

通常の撮影ではリコー独自のアジャストボタンが活躍する。よく使う撮影設定をアジャストボタンに割り当て、素早くアクセスできる機能で、露出補正、ホワイトバランスに加えて、ユーザーが2つの設定項目を追加できる。

この機能は「GR DIGITAL」と同じなのですが、これは確かに使いやすいです。ISO感度とか簡単に変えられるのは便利。

まとめとしては、

それなりの不満点はあるのだが、この手軽なサイズ、使い勝手で、広角から望遠までカバーできる点がR4の大きな強みだ。晴天の屋外でお散歩に持ち歩く分には大きな不満は感じないだろう。

このような感じ。

もし誰かからコンパクトデジカメでいいのない? と聞かれたら、とりあえずお薦めしたいモデルの一つかもしれません。価格も3万円台前半で手頃な感じです。

Caplio R4(SL) 604万画素 デジタルカメラ

Caplio R4(SL) 604万画素 デジタルカメラ

Caplio R4(BK) 604万画素 デジタルカメラ

Caplio R4(BK) 604万画素 デジタルカメラ

■関連記事

広角も望遠もブレ補正も接写もOK—リコー「Caplio R4」

「Caplio R4」のいちばんスゴイところは、手のひらに隠れるコンパクトボディながら、広角から望遠までに対応した光学7.1倍ズームを備えること。こんなデジカメは、これと従来機の「Caplio R3」の2台しかない。