桜と景色の関係という記事より。

桜のある風景を撮るということは、その1枚に「どこで撮ったか」が記されるってことでもある。普段よく知ってる場所だと特に、桜の季節とそうじゃないときの風景の差が感じられて面白いし、有名な場所や写真映えのする場所で撮るとすごく桜も映える。

わずか1週間に咲き誇り、そして散って行く桜。この春、デジタル一眼レフカメラデビューするあの人も、きっと桜を撮りに行くことでしょう。

ということで、ただ単に桜を撮影するのではなく、いろいろなことを考えながら撮影してみては、という記事。

建物と撮る、さらに構図も考えて撮る、近所で何気なく撮る、散り際を撮る、など、様々な桜の表情が見えます。

ぼくも何とか、風景や人物を見ていて、すっとファインダーが目の前に登場して構図が見えるようになってきました。あとはそれを思い通りに撮影する腕を磨く必要が大いにあります。

■デジカメ比較・価格比較

楽天デジカメ市場(比較検索が便利)
Amazonでデジカメ比較