コダック EasyShare V570【第1回】2つの眼を持つコンパクトデジカメという記事より。

軽く仕様をおさらいしておくと、23mm(以下すべて35mm相当)F2.8固定焦点と、39〜117mm F3.9〜4.4の光学3倍ズームの2本のレンズを搭載。それぞれに有効500万画素の1/2.5型CCDが備わる。記録メディアはSDメモリーカードを使う。

「GR DIGITAL」を愛用しておりますが、もし新たにコンパクトデジカメを一台購入せよ、と言われたら、間違いなく「V570」を購入します。だってさ、二眼のデジカメなんて他にないよ!

二眼も珍しいですが、広角側が23mmでF2.8というスペックが強力です。やはりスナップ写真を撮っていると、どうしても広角で撮りたくなるんですよね。要は広々とした写真が撮れるって寸法です。

広角マニアにはたまらないデジカメになるでしょうね「V570」は。

ということで、そんな「V570」のレビュー記事なのです。

レンズは沈胴式ではなく、レンズバリアが開くだけなので、起動は迅速だ。シャッターボタンは大きく押しやすい軽い。SDメモリーカードへの書き込みは遅めで、1枚撮影するごとに少し待たされる。

撮りたい時にすぐ撮れる。これ基本です。

そして、

23mmは通常のコンパクトデジカメでは手に入らない画角で、液晶を見ているだけで面白い。デフォルトでは歪みの電子修正機能はONになっている。

ですよ。この他にない画角というのは本当に楽しいです。作例も良い感じです。ひろびーろ。

物欲でなんとなくコンパクトデジカメが欲しくなっている田中アップルに、猛烈にお薦めしているところです。

Kodak V570 デュアルレンズ デジタルカメラ

Kodak V570 デュアルレンズ デジタルカメラ

■関連記事

薄型軽量で超広角付き。最高のお散歩の友デジカメ「EasyShare V570」

UWの23mmというワイドを生かし、指示に従って回転しながら2or3枚の写真を撮ると、それを自動的にステッチして合成し、180度分のパノラマ写真を作ってくれるのだ。時計回りと反時計回りの2種類が用意されている。これがおもしろい。パノラマアシスト機能付きデジカメはほかにもあるが、合成までしてくれるのはわたしの記憶にある限りV570だけ。