オリンパス、撮影済み画像の手ブレ補正が可能な「μ810」という記事より。

オリンパスは、撮影済み画像の手ブレをカメラ内で補正できるコンパクトデジタルカメラ「μ810」を3月中旬に発売する。

手ぶれ補正機能の搭載されたデジカメも増えてきましたが、ついに撮影済みの画像についても手ぶれ補正するデジカメの登場です。オリンパスから「μ810」が発表されました。価格は5万円前後の見込みとのこと。

液晶モニターが2.5インチというのも、もう普通なんですね。

本体に搭載したジャイロセンサーが撮影時のXY軸の軌跡と時間を自動的に記録、それらの情報をもとに再生モード内で実行できる。

「撮影時の軌跡と別の方向に画像を修正する」そうです。

デジカメの中で画像補正をやっちゃおうということで、どのくらい補正されるのか興味ありますね。ソフトウェア的に実現するとハードウェアの開発が要らないので、その分コストや重量にも影響があるんでしょうかね。

ちなみに全ての画像に対して手ぶれ補正できる訳ではなく、「再生モードで「ぶれマーク」がつく画像にのみ」ということです。手ぶれしている画像に対してのみ、ということですね。

■デジカメ比較・価格比較

楽天デジカメ市場(比較検索が便利)
Amazonでデジカメ比較