オリンパス、初のライブビュー機能搭載一眼レフ「E-330」という記事。

オリンパスは、背面の液晶モニターでリアルタイムに被写体を確認できるデジタル一眼レフカメラ「E-330」を2月下旬に発売する。

価格はボディのみが12万円前後、レンズキットが13万円前後となっています。レンズキットのレンズは「14-45mm F3.5-4.5」という渋い感じなのですが、焦点距離が2倍になるんですね。

パナソニックと共同開発していた一眼レフデジカメって、これのことなんでしょうか? 記事を見てもそれらしい記述は見当たりませんでしたが。どうなんだろう。

さて「E-330」ですが、やはり注目はデジタル一眼レフカメラとして初めて導入されたルタイムライブビューでしょう。つまりファインダーを覗かずとも、背面液晶モニターを見ながら撮影ができるという訳です。

なんとなく「それって一眼レフじゃないんじゃない?」みたいな微妙な感想を持ちつつも、これまでデジカメを使ってきて、ステップアップしようとしているライトなユーザには受け入れられやすいのかな、と思いました。しかも価格も安いですしね。

ライブビュー用CCDはポロミラー光学系の光路を利用するかたちで配置され、ファインダーに像を送られるミラーの映像をキャプチャしている。

む、難しい。ちょっと構造のことは分かりませんが、ライブビュー用CCDは1/2.5型500万画素、視野率は92%だそうです。

あ、記事中の光路図を見ると分かりやすいですね。マクロライブビューではミラーアップしちゃうんですね。なるほど。

フルタイムライブビュー時、ファインダー内に接眼部から余分な光が入射すると、表示が乱れる可能性がある。そのため、E-330ではこのクラスでは珍しく、本体に手動のアイピースシャッターを内蔵している。

そういう構造もあるんですか。なるほど。つまりフルタイムライブビューで撮影する時は、アイピースシャッターを閉じておいた方が良いということですね。

そして一番の特徴である液晶モニタ。

液晶モニターは約21.5万画素の2.5型。上90度、下45度に角度を変えられるマルチアングルタイプとなっている。下方向には45度しか傾けられないものの、視野角の広さにより真下へのフレーミングも可能だという。

背面液晶はマルチアングルになりますので、下からあおって撮影したり、頭より上に構えて撮影したり、入園、入学、運動会など、小さい子供がいる家庭では重宝するかもしれませんね。もちろん「ダストリダクションシステム」も搭載です。

防水プロテクタも予定されているのですが「イブビューを使用すれば、水中でファインダーから眼を離した状態で撮影できる」というのは面白いかも。

Amazonで予約が開始されているのですが、

・レンズキット 119,800円
・ボディ 129,800円

と価格にねじれが生じているようです。レンズキットがお買い得!? さらにここから15%のギフト券還元がありますので、どちらも15,000円ずつギフト券が貰えますよ。

OLYMPUS デジタル一眼レフカメラ E-330 レンズキット

OLYMPUS デジタル一眼レフカメラ E-330 レンズキット

OLYMPUS デジタル一眼レフカメラ E-330 ボディ

OLYMPUS デジタル一眼レフカメラ E-330 ボディ

■関連記事

液晶を見ながら撮影できるデジタル一眼 - オリンパス、E-330

同社では、今回のライブビュー機能は、E-300開発時にも検討されたが、技術的な問題で断念、E-330で実現させた。E-300で導入されたポロミラー方式だからこそ、今回のライブビューが実現できたということで、E-500やE-1のようなポロミラー方式ではないカメラでのライブビュー実現は、現時点では難しいという。