松下電器、手ブレ補正付光学12倍ズームコンパクト「LUMIX DMC-FZ7」という記事より。

松下電器産業株式会社は、光学12倍ズームレンズと手ブレ補正機能を搭載したコンパクトデジタルカメラ「LUMIX DMC-FZ7」を、2月17日より発売する。

FZ5から約1年。春に向けてデジカメリリースラッシュが起きそうですが、その先頭で出てきました。しかしFZ7ですか、もう。ぼくが使っていたのはFZ1/FZ3なので、遙か昔の感じがします。

バージョンアップしているのは、

・撮像素子が有効500万画素から有効600万画素に
・液晶モニターが1.8型から2.5型に
・ISO800/1600での撮影が可能

といったあたりでしょうか。画素数がアップしているのはもちろん嬉しいですし、液晶モニタが大きく見やすくなっているのもいいですね。

FZ1の頃は200万画素だったのですが、それでもビーナスエンジンのお陰でL版程度のプリンタだったらキレイでした。それが600万画素ですからね。さぞかし美しいことでしょう。

液晶モニタを見て撮影することも多いと思うので、大型化も良いです。最近はコンパクトデジカメでISO1600に対応するものも増えていますので、こちらも順当なバージョンアップです。

また、低解像度時にCCDの一部を切り出すEX光学ズームも搭載しているそうです。

300万画素撮影時に最大14.7倍、300万画素以下撮影時に最大16.5倍での光学ズーム撮影を可能とする

これはなかなか面白い機能ですね。FZ7だったら300万画素でも十分なのではないでしょうか。

非球面レンズ3面3枚を含む8群11枚で構成される。35mm判換算の焦点距離は36~432mm。開放F値はF2.8~3.3。最小絞りはF8。撮影可能距離は広角端で30cm~無限遠、望遠端で2m~無限遠。

F値も変わらず。さすがに全域F2.8ではないですが。そして嬉しいのが、電池とメモリカードを含む重量が約357gというところ。か、軽い!

久しぶりに店頭で触ってみたくなりました。価格は5万円前後ということなので、お手頃です。一眼レフまでは要らないけれど、コンパクトデジカメではちょっと物足りなくなったお父さん、お母さんにぴったりですよ。新入学シーズンに向けていかがでしょうか。

■デジカメ比較・価格比較

楽天デジカメ市場(比較検索が便利)
Amazonでデジカメ比較

■関連記事

松下、「FZ7 / LX5」を発表 - 定番の手ぶれ補正付きコンパクト機が高感度に

LUMIX DMC-FZ7は、ライカDCレンズを採用した光学12倍ズームレンズに光学式手ぶれ補正ジャイロを搭載するコンパクトデジタルカメラ「LUMIX FZシリーズ」の新モデル。従来モデルのFZ5から、きょう体サイズはほぼ同じながら、より高感度での撮影に対応、高画素化、大型液晶モニターの採用などの変更が加えられた。

春の新製品ラッシュが始まる! 松下電器から新しいLUMIXが登場

背面の液晶モニターを2.5型に大型化したうえ、デザインをDMC-FZ30似の流線型に変更。大きさは、DMC-FZ5と同等のコンパクトさにまとめられているという。