一眼レフカメラの構えをさらに安定させるポイントとは?という記事より。

デジタル一眼レフカメラの正しい構え方をマスターしたところで、安定した構えをサポートしてくれるちょっとしたアクセサリーを紹介します。

デジカメの構えをちゃんと学んだことはありませんでした。自己流というかなんというか。ストラップはを使えばいいんでしょうけど、ちょっと邪魔に思ったりもして。

このように、ストラップを首や腕に巻かないで構えるのは、おもに初心者によく見られる方法だ。

ああ! これぼくです! なんかね、首にかけるの嫌なんですよねぇ。

他にはミニ三脚の使い方の紹介も。

高い位置から撮りたい場合には、三脚を横に向けて壁などに押しつけた状態で撮影すると、スローシャッターでもぶれを抑えた撮影ができます。壁などによりかかる方法でもブレを防ぐ効果がありますが、ミニ三脚を併用することで、その効果は何倍にも増すはずです。

こんな使い方があるんですか。と、ちょっと感動しました。

SLIK プロミニ3

SLIK プロミニ3