ウィルコム、全機種フルブラウザ搭載の新端末4機種という記事より。

今回発表された4端末は、WX300シリーズとWX310シリーズの2つのラインナップで構成される。WX300シリーズはスタンダード端末に位置づけられ、WX310シリーズには、Javaやメガピクセルカメラ、指紋認証、miniSDカードスロット、ビジネス文書閲覧機能などの付加機能が用意される。

き、きききききき、きたーーーー! ついにウィルコムの新しい端末が発表です。

WX300シリーズは1xパケット通信(下り最大32kbps)、WX310シリーズは4xパケット通信(下り最大128kbps)なので、購入ターゲットとしてはWX310シリーズですね。両シリーズともにフルブラウザを搭載し、POP/SMTP対応のメール機能も有しています。

それぞれの端末の機能比較なのですが、WILLCOMの新しい音声端末ラインナップの導入についてというプレスリリースを見るのが分かりやすいでしょう。

この表で見ると、

・メガピクセルのカメラ搭載
・4xパケット通信

ということを考慮すると、京セラ「WX310K」もしくは三洋「WX310SA」になるのですが、「WX310SA」のICレコーダーも魅力的ですが、実際に利用するのは「WX310K」のBluetoothかな、という気がします。

ということで、やはりここは京セラ「WX310K」でしょうか。こちらの端末の場合、フルブラウザに加えてFlashにも対応しているというのが大きなメリットかもしれません。「ダウンロードでの機能拡張対応」というのも可能性を感じさせます。

またフルブラウザは、「WX310SA」がNetFront、「WX310K」がOperaなので、ブラウザの好みからいっても「WX310K」に決まりそうです。

携帯電話からすればたかが4機種かもしれませんが、選ぶ悩みがあるだけで嬉しいですも、コレ。

“新しい贅沢”を提供する上で、端末ラインナップを拡充するだけでなく、基本機能の向上も目指したという。カメラやQVGA液晶といった機能面のほか、これまで携帯電話と比較するとボタンの反応速度が若干鈍いような印象だった面も、キーレスポンスやユーザービリティなどを改善するとした。

こういう細かい改良も嬉しいところ。

また、パケット通信料金の新定額サービスも「データ定額」も発表されています。

「データ定額」は、4xパケットデータ通信にも対応したパケット通信料定額制サービス。10万パケットまでは月額1,050円で、超過分は1パケット0.0105円の従量制となるが、3,800円で頭打ちとなって以降定額となる。

「ウィルコム定額プラン」と合わせると最大で6,700円、さらにパソコンでデータ通信した場合には9,200円が上限で「音声通話、端末データ通信、パソコンのデータ通信の3つを利用しても月額9,200円」だそうです。

4xパケット通信がどのくらいのスピードなのかも興味あるなぁ。

「端末価格はWX310シリーズが20,000〜30,000円程度、WX300シリーズが10,000円台となる見込み」だそうで、すぐに欲しい気がしますが、ちょっと様子見してみようかな。まずは実機に触ってみて、ということで。