高価で重たいデジタル一眼レフを利用するメリットは?という記事より。

このような恵まれた状況において、価格が10万円前後と高価で、しかもサイズが大きく重いデジタル一眼レフカメラが人気なのは、やはりそれなりのメリットがあるからです。一体、どんな理由なのでしょうか?

かつての自分であれば、デジタル一眼レフカメラに加え常時交換用レンズを1〜2本持ち歩くなんてとてもじゃ考えられなかったのですが、今はそれが普通になっていることに驚きます。

B-log Cabinを見ていると、minamiさんが楽しげにFZ30で撮影していて「あー、こんなのもいいなー」とか思ってしまう最近ではあります。

Panasonic DMC-FZ30-K LUMIX ブラック

Panasonic DMC-FZ30-K LUMIX ブラック

が、しかしですよ!

しかしデジタル一眼レフカメラにしかない魅力ある訳で、今回の記事でそれを再確認です。

まとめてとしては、

・デジタル一眼レフはCCDのサイズが大きく、画質に優れる
・ピント合わせや操作レスポンスが高速なのも特徴
・場面に合わせてレンズを自由に交換して撮影できる

ということですね。これらはやはり一眼レフならでは、の機能と言えるでしょう。より自分の思い通りに撮影したいという欲求が出てくると、やはり一眼レフデジカメを使わねば、という思いが強くなるんですね。

そうなると、重さとか交換レンズを持ち歩くことが、全く気にならなくなる訳ですよ!

■デジカメ比較・価格比較

楽天デジカメ市場(比較検索が便利)
Amazonでデジカメ比較