ペンタックス、2.5型液晶モニター搭載の「*ist DS2」です。

2004年11月発売の「*ist DS」をベースに、液晶モニターを2型から約21万画素の2.5型液晶モニターに変更。

ほぼ1年ぶりに「*ist DS」がバージョンアップします。店頭予想価格はボディのみが9万円前後、「smc PENTAX DA 18-55mm F3.5-5.6 AL」付属のレンズキットが11万円前後です。

大きな特徴は「*ist DL」と同じく、2.5インチ、21万画素の液晶モニタでしょう。EOS Kiss Digital Nを使っていての不満が、液晶モニタの小ささです。パッと見、写っているとかどうかの判別しかできず、ピンぼけしているかどうかといったことは拡大しないと確認しにくいのですね。

ピクチャーモード「動体撮影」時しか選べなかったコンティニュアスAFが、P、Tv、Av、M、Bモード時にメニューで設定可能になった。

これは嬉しいですね。子供の撮影にはポイントとなる機能なので、確かに「*ist DS」の時は不満ではありました。

ファインダーには*ist DSと同じく、ガラスペンタプリズムを使用。ルーフミラーで倍率0.85倍の*ist DLより高倍率の倍率0.95倍実現している。

「*ist DS」の隠れた良さは、このフィンダーの見やすさですね。本当にキレイです。店頭で見比べてみてください。

ということで「*ist DS」のかゆいところに手を加えたのが「*ist DS2」です。

■デジカメ比較・価格比較

楽天デジカメ市場(比較検索が便利)
Amazonでデジカメ比較

■関連記事

ペンタックス、液晶モニターを大型化したデジタル一眼レフ「*ist DS2」

ISO感度を自動で変えるオート感度設定機能や、撮影モードの解説などをわかりやすく表示するガイド表示機能など、*ist DLで新たに盛り込んだ機能も追加された。

ペンタックス、液晶モニターを大型化したデジ一眼「*ist DS2」

撮像素子には、23.5×15.7ミリ、有効画素数610万画素のCCDを採用し、視野率95%/倍率0.95倍のガラスペンタプリズム入りファインダーを継承している。