松下、600万画素のコンパクト手ブレ補正機「DMC-FX9」という記事より。

松下電器産業株式会社は有効600万画素CCDを搭載したコンパクトデジタルカメラ「LUMIX DMC-FX9」を8月26日より発売する。

6月に発売された500万画素機「LUMIX DMC-FX8」の上位機種になるそうです。予想価格は5万円前後とのこと。FX9とFX8は併売されるそうで、お好みに合わせて、ということでしょうか。

ちなみに違いは、

・画素数が500万→600万
・アスペクト比3:2での撮影が可能に
・液晶モニタが2.5型11.4万画素から2.5型20.7万画素に
・起動時間が3秒→2秒

です。光学ファインダ、EVFは搭載していないので、背面の液晶モニタを見ての撮影のみとなります。撮影モードに「キャンドル」と「星空」が追加されたのはFZ30と同じですね。

手ぶれ補正機能を搭載し、35mm判換算の焦点距離は35~105mm、開放F値はF2.8~5.0です。

FX8ユーザは心中穏やかではないのでは、と思ったらもう、新型かよ~。FX8ユーザーが見たFX9発表会という記事がありました。

オートフォーカスの速度が速くなった印象だ。説明員の方にはあまり変わっていないと言われたが、ほかのFX8ユーザーも同じ感想だったので、少しは違うと思う。

併売されるので、どっちにしようかな~、と迷う人も多そうですね。

▼楽天で「」を見てみる( a , b , c

■関連記事

手ブレ+大画面の薄型機が6メガに――松下LUMIX「DMC-FX9」

専用リチウムイオン充電池はFX8と同じ1150mAhの大容量タイプで撮影可能枚数(CIPA準拠)は約270枚(FX8は約300枚)。AFスピードを高速化する「高速1点AFモード」も搭載。