松下、1/1.8インチ800万画素CCDを搭載した光学12倍ズーム機「DMC-FZ30」という記事より。

松下電器産業株式会社は1/1.8型800万画素CCDと光学12倍ズームレンズを搭載するデジタルカメラ「LUMIX DMC-FZ30」を8月26日より発売する。

8月26日発売予定【予約受付中】Panasonic高画質800万画素、光学12倍ズームEX光学ズームで19倍望...

実売価格は75,000円前後の見込みだそうです。

「DMC-FZ20」の後継機で、大きく変わったのは「沈胴レンズをやめ、固定式としたこと」です。レンズ先端にアダプタなしでフィルタなどを装着可能になっています。

このお陰だと思いますが、随分とデザインのイメージが変わった気がします。以前はずんぐりむっくりした印象だったのですが、もの凄くスマートになっています。デザインは一眼レフデジカメに近づいた感じでしょうか? カッコイイてす。

映像素子も1/1.8インチ有効800万画素CCDに大型化されています。感度はISO80〜400ということですが、手ぶれ補正があるのでこのくらいでも良いのでしょうね。

35mm判換算の焦点距離は35〜420mm、F値はF2.8〜3.7、絞り優先AE、シャッター速度優先AE、マニュアル露出モード、そして撮影モードには「キャンドル」「星空」など、機能は必要にして十分です。

液晶モニターも2型23.5万画素で、待望のフリーアングル機構により上下左右に可動します!

むむう、これはなかなかいい感じじゃないですか?

ただし、コンパクトかと思いきや、バッテリー、メモリカードを含む重量は約740gということで、一眼レフデジカメと同サイズ、もしくは若干重めに感じられる場面もあるかもしれません。

いやー、でもこれはしびれますねぇ。とにかくデザインが良いですよ。落ち着いていて、カメラらしいデザインだと思います。これ一台で、かなり満足できそうですね。

楽天で見ると、既に7万円を切っている店もちらほら。一眼レフデジカメのサブ機に、っていう理由で新たに購入してみるのも良いかもしれません。

▼楽天で「LUMIX DMC-FZ30」を見てみる( a , b , c , d , e

■関連記事

松下、最大19倍ズーム可能なデジカメなど新「LUMIX」3機種発表

松下では、デジタルカメラの世帯普及率が2005年に60%に達したのを受け、より性能を求める「第二フェーズへ突入した」として、さらなるニーズの拡大に期待を寄せる。

松下、「FZ30」など秋冬商戦向け「LUMIX」発表会

操作面では、鏡胴にマニュアルフォーカスリング、マニュアルズームリングを装備。両リングのトルクの重さはちょうど良く、軽すぎることはない。また、フォーカススイッチのAFとMFの間に「AF MACRO」を設け、手動でのマクロモード切り替えに対応した。