12倍ズーム・手ブレ補正、でも小型——松下「LUMIX DMC-FZ5」という記事より。

撮像素子が以前の有効310万画素1/3.2インチCCDから、有効500万画素の1/2.5インチCCDに変更された。背面の液晶は1.5インチから1.8インチへ大型化。

ぼくはFZ1、FZ3と使い、EOS Kiss Digital Nに辿り着きました。ですので、FZシリーズはカメラの楽しさを教えてくれたデジカメ、と言っても過言ではありません。

今は一眼レフカメラで様々な要素をコントロールすることに楽しさを覚えていますが、そういった部分に労力をかけたくない、あまり気を使わずに良い写真を撮りたいという人の方が多いと思います。

そういう人たちにお勧めしたいのは、やはりFZシリーズの高倍率12倍ズーム+手ぶれ補正です。

FZ3から比較すると、レンズの明るさが全域F2.8からF2.8〜F3.3になっていたり、焦点距離が35〜420ミリ相当から36〜432ミリ相当に変わっていたりと若干の変化もありますが、310万画素から500万画素へのアップ、液晶のサイズアップなどを考えるとさほど問題にはならないのではないかと思います。

それよりも、

そのほかの大きな変更点といえば、「高速1点AFモード」の搭載だ。CCDによるAF検波を高クロック化したことで高速化を実現しており、中央1点に限定されるが、このクラスとしては幅広い場面で高速なAFが可能だ。

こうした改善が嬉しいですね。デジタル一眼レフカメラとの大きな違いにAFスピードがあると思いますので、こうした部分が改善されていくと、より満足度の高いデジカメになっていくと思います。

オートでも十分な画質を実現でき、ちょっと腰を据えて撮影にこりたいときでもマニュアル撮影を可能にする懐の深さもある。軽量で持ち運びしやすいのも嬉しい。

コンパクトデジカメではちょっと満足できなくなってきたけれど、デジタル一眼レフカメラを購入するほどでは‥‥と思っていた人にお勧めのデジカメです。

Panasonic DMCーFZ5ーK LUMIX デジタルカメラ 500万画素

Panasonic DMCーFZ5ーK LUMIX デジタルカメラ 500万画素

Panasonic DMCーFZ5ーS LUMIX デジタルカメラ 500万画素

Panasonic DMCーFZ5ーS LUMIX デジタルカメラ 500万画素