ベストセラー機をより成熟させたデジタル一眼レフ「D70s」という記事より。

本体の見た目はD70とほとんど同じで、「何が変わったの?」と思わず疑問に思ってしまうほど。外観からわかる変更点は、背面の液晶モニターを従来の1.8型から2型に大型化し、さらに要望の多かったリモートケーブルが使用できるようになったことぐらい。

様々に受けた指摘を基に、マイナーバージョンアップをしたのが「D70s」と言えるでしょうか。逆に言えば「D70」がそれだけ完成度が高く、基本ラインは変更せずとも無問題だったということも言えるのかもしれません。

ペンタックス「*ist DL」でも液晶が強化されましたが、これから幅広く利用者を取り込んでいくには、液晶のサイズと見やすさは非常に分かりやすいアピールポイントになるのではないかと思います。

メーカーの好み、デザインの好みなどに加えて、メモリーカードは過去の資産が使えるかどうかとか、既に所有しているmmがあるかどうかなど、一眼レフデジカメを選択する基準は様々ありますので、購入を検討している人は本当に悩むでしょうね。

とりあえず全てのメーカーの実機を触る、そして持っている人の話を聞く、読むというのが最善への近道ではないかと思います。

D70sは低価格ながら、カメラマンの仕事用カメラとして十分使えるほどの高い基本性能を持っている。D70からの変化は少ないが、より使いやすさを増した本機のコストパフォーマンスは高いといえる。

この辺が「D70」シリーズの魅力です。

Nikon デジタル一眼レフカメラ D70s mmキット

Nikon デジタル一眼レフカメラ D70s mmキット