「カメラグランプリ 2005」は「α-7 DIGITAL」にという記事より。

カメラ記者クラブ カメラグランプリ2005実行委員会は「カメラグランプリ2005」を「コニカミノルタ α-7 DIGITAL」に決定した。また「カメラ記者クラブ特別賞」に「ニコン F6」と「エプソン R-D1」を選出した。

「カメラグランプリは、1年間に日本国内で発売されたスチルカメラからもっとも優れたカメラを表彰するもの」で、「α-7 DIGITAL」はCCDシフト方式手ブレ補正機構が高く評価されたそうです。

確かに、小型で低価格のデジタル一眼レフカメラは数が増えましたが、手ぶれ補正機能を搭載しているという点で「α-7 DIGITAL」は非常に特徴的です。

2000年のキヤノンEOS-1Dから4年連続で、デジタル一眼レフがグランプリを受賞することになった。

時代を反映していますね。

「α-7 DIGITAL」はAmazonで159,800円(さらにギフト券還元20,000円分)になっており、かなり手が出しやすい価格帯まで落ちてきています。

Konica Minolta α-7 DIGITAL ボディ単体 DG-7D

Konica Minolta α-7 DIGITAL ボディ単体 DG-7D