ハクバ「液晶シェード」 まるで純正! 一体感に優れた一眼レフ用液晶フードという記事より。

先日のフォトイメージングエキスポ2005で過去に見た中で最もスマートな液晶フード(ハクバの商品名は「液晶シェード」)を見かけたのでテストを希望したところ、まだ試作品だという。先日、量産試作品を手にする機会ができたので早速チェックしてみた。

ハクバ

そうそう、本体裏側の液晶部分がむき出しになっているのがちょっと気になっていたんですよね。肩から下げている時にどこかにぶつかったりしないか、とか。事実、それで一度液晶部分を割ったことがあるのです。

他にも昼間に撮影していると、太陽光で見にくい場合があります。何か良いアイデアはないかと思っていたのですが、この製品はピッタリかもしれない。

この製品の優れているところは、カメラの背面に完全に固定するところである。デザインも個々のカメラにフィットするようになっており、フード部の「HAKUBA」ロゴがなければ、最初から付いている部品か、メーカー純正の付属品のように思える高品位な仕上げである。

当初は「D100」、「D70」、「EOS Kiss Digital(初代)」(以上、各5,880円)「FinePix S2 pro」(4,410円)ということで、「EOS Kiss Digital N」用がまだないのが残念ですが、いずれ発売されるだろうと期待して待ちたいと思います。