松下、手ブレ補正搭載薄型デジカメの後継機「DMC-FX8」を発表しています。

松下電器産業株式会社は、コンパクトデジタルカメラ「LUMIX DMC-FX8」を6月4日より発売する。価格はオープンプライスだが、店頭予想価格は4万5千円前後の見込み。

薄型ボディに光学手ブレ補正機構付き3倍ズームmmということで、「DMC-FX7」となります。「mmユニットや2.5型液晶モニタなどをそのまま継承しているが、FX7での要望点を改善」しているそうてず。

電池寿命が伸びています。撮影可能枚数が120枚から300枚(いずれもCIPA準拠)と2倍以上に。バッテリーサイズが大きくなったものの、本体サイズは変わらず。

CCDの画素数は500万画素のままですが、VGA(640×480ピクセル)/30fpsで撮影可能に、さらに動画撮影時には高感度化やモアレも低減。

そして「AFに高速1点モードを追加することで、高速化も図られた」ということで、合焦に要する時間を通常1点モードの0.53秒から0.27秒に短縮しているそうです。

「料理」「美肌」「赤ちゃん」のシーンモードも追加され、特に「赤ちゃんモード」はよろしいですよ。

あらかじめ誕生日を登録することで、月齢や年齢を自動的に計算し、プリントに入れることができる。

これだけで買っちゃう人もいるのではないでしょうか。

■デジカメ比較・価格比較

楽天デジカメ市場(比較検索が便利)
Amazonでデジカメ比較

■関連記事

松下、新LUMIX「LUMIX DMC-FX8」発表 - 電池寿命、動画撮影機能も強化

シーンモード使用時にはヘルプ画面機能で各シーンモードのシチュエーション説明が随時見られるようになった。

松下、省電力で動画機能などを向上させた薄型デジカメ「LUMIX DMC-FX8」を発表

mmにはDMC-FX7同様、光学3倍のライカ DC VARIO-ELMARITmmや、2.5型低温ポリシリコンTFT液晶を搭載。

松下、人気の薄型機に“スタミナ”つけた新LUMIX「DMC-FX8」

内部パーツ構成の見直しと高密度実装によって本体サイズはFX7とほぼ同じ94.1(幅)×50.5(高さ)×24.2(奥行き)ミリにしたほか、本体のみの重さは127グラムとFX7(135グラム)よりも8グラムも軽量化。