ニコン、液晶モニターやAF性能を改良した「D70s」が発表されました。

2004年3月に発売された「D70」のリファインモデル。CCDや画像処理エンジンはD70と共通だが、液晶モニターが約13万画素の1.8型から同画素数の2型になったほか、AFのアルゴリズムを変更し、合焦精度、捕捉能力、追尾能力を向上させた。測距素子は従来通り「マルチCAM900オートフォーカスモジュール」で、測距ポイントは5点と変わらない。

「D70」のリファインモデルということで、液晶モニターが大きくなったりAFの性能が向上しているそうです。

液晶モニターが大きくなったのは、ちょっと羨ましいかも。デジタル一眼レフカメラの液晶は撮影後のチェックにしか使わない訳ので小さくても良いかと思っていたのですが、それでもあまりにも見にくくて、拡大してピントを確認するのも至難の技だったりします、ぼくにとっては。結局はパソコンに転送してみて、ピンぼけしていたか‥‥ということも。なので、液晶モニターが大きくなったのは良いと思います。

また、撮影する際には必ずといって良いほど使用するAFアルゴリズム改良も、合焦精度、捕捉能力、追尾能力が向上しているということで、撮影時のストレスを大いに軽減してくれるかもしれませんね。

外観もレリーズボタンの色をシルバーからブラックにするなど一部を変更し、高級感を高めたという。メニューデザインもD70から配色を変更するなど、新デザインになっている。また、D50で省略されたサブコマンドダイヤルや、プレビューボタンもD70から引き続き搭載。ボディカラーはブラックのみ。

ボディのみの価格は10万円程度、mmキットの価格は13万円程度が見込まれています。

■デジカメ比較・価格比較

楽天デジカメ市場(比較検索が便利)
Amazonでデジカメ比較

■関連記事

ニコン、普及型デジタル一眼レフカメラ「D70s」「D50」を発表

有効画素数6.1メガピクセルのCCDや起動時間0.2秒のクイックレスポンス、秒3コマ・連続144コマの高速連続撮影といった基本性能はそのままに、今回新たに2.0型13万画素低温ポリシリコンTFT液晶を搭載。撮影後の画像のチェックがやりやすくなったほか、明るい屋外でも見やすくなった。

ニコンが一眼レフデジカメ「D70s」を発表――「D70」をブラッシュアップ

さらに内蔵スピードライトの照射角は、焦点距離18ミリの広角mm対応に。付属のリチャージャブルバッテリー「EN-EL3a」は、大容量化により、1回のフル充電で約2500コマの撮影が可能になった。