2004年米デジカメ市場、キヤノンがトップへ大躍進――一眼レフの投入が奏功という記事より。

IDCのまとめによると、キヤノンは全世界で1263万台のカメラを出荷し、市場シェア17.1%を獲得したという。第2位につけたソニーは1232万台を出荷し、市場シェア16.7%を確保した。それに続くKodakは、出荷台数が871万台、市場シェアが11.8%だった。なお、市場全体の総出荷台数は7400万台だった。

アナリストによると、キヤノンはデジタル一眼レフカメラで「大胆な価格設定とマーケティングを行った」結果、デジカメ市場でトップの座に躍進したそうです。「キヤノンの成功要因は、価格設定とプロモーションにあった。年末までには500ドルのデジタル一眼レフが登場するだろう」とアナリスト。

これは、まだデジタル一眼レフカメラを製造していないソニーにとって悪いニュースだ。同社が製造に踏み切れないのには、交換mmをはじめとするフイルム写真時代の資産がないなどの理由がある。

コンパクトデジカメの販売台数では、ソニーが依然として市場トップなんだそうです。

ソニーの2004年におけるコンパクトカメラの出荷台数は1232万台、市場シェアは17.2%だった。この市場で2位と3位につけたのはそれぞれキヤノン(出荷台数1119万台、市場シェア15.7%)とKodak(出荷台数863万台、市場シェア12.1%)だった。コンパクトデジタルカメラの総出荷台数は7150万台で、2003年の4793万台から49.2%増加している。

今後、より低価格のデジタル一眼レフカメラが登場すれば、ユーザはそれを買い増しする可能性は大きいですね。

■デジカメ比較・価格比較

楽天デジカメ市場(比較検索が便利)
Amazonでデジカメ比較