「デジカメ、あと2年は買い替えない」、ユーザー意向調査の55%にという記事。

市場調査を手掛けるジーエフケー マーケティングサービス ジャパンの報告によれば、20~49歳を中心とする男女4613人にデジタル・カメラの買い替え意向を尋ねたところ、「2年以内に買い替えるつもりはない」と回答した人が全体の55%に上った。

「デジタル・カメラの製品サイクルは延長傾向にある」ということで、ある意味では画素数を筆頭に、機能的に行くところまでいった、ということなんでしょうか。低価格化も進行し、撤退するメーカーも出てきていますし。

使用期間に関するアンケートでも、「2年以上使う」との回答が2003年1月の調査では32%だったのに対して、今回(2004年11月)の調査では47%となった。

ぼくも長く使おうと思っているのですが、なんとなく1年に1台は購入している気がします。でも、今手元にあるLUMIX FZ3EOS Kiss digital Nは、やはり行くところまでいったモデルなのではないかと思っています。

機種別の購入意向では、コンパクト機が58%、一眼レフ機が20%となった。デジタル・カメラを選ぶポイント(複数回答)として多かったのは上位から順に、画素数(65%)、価格(49%)、大きさ(45%)、デザイン(44%)、重さ(38%)、光学ズームの有無(38%)である。