コダック、高倍率ズーム搭載「Z740」「Z700」という記事より。

Zシリーズは、簡単な操作感が売りの「Kodak EasyShareシリーズ」の特徴を継承し、高倍率ズーム機能を搭載した新シリーズ。Z740/Z700ともに、PCを介さずダイレクトプリント可能な「“イメージリンク”プリントシステム」に対応し、「Kodak EasyShare プリンタードック」を使ってPCレスでプリント写真を楽しめる。

Z740は光学10倍ズームと有効500万画素1/2.5インチCCDを搭載しています。本体サイズは97.8(幅)×77.5(高さ)×72.6(奥行き)ミリで、重さが約286グラム(本体のみ)。比較的コンパクトながら、500万画素、光学5倍ズームを搭載。

Z700は光学5倍ズームと有効400万画素1/2.5インチCCDを搭載です。mmのF値、デジタルズームがZ740とは違います。

■デジカメ比較・価格比較

楽天デジカメ市場(比較検索が便利)
Amazonでデジカメ比較

■関連記事

コダック、イメージリンク対応の10倍ズーム機「Z740」

液晶モニターは13.4万画素の1.8型。EVF(電子ビューファインダー)も搭載する。記録メディアはSDメモリーカード、またはMMCで、内蔵32MBメモリへの記録も可能。電源はCRV3リチウム電池1本、または単三リチウム電池2本か単三ニッケル水素充電池2本を使用し、CIPA準拠の電池寿命は順に約370枚、約310枚、約225枚となっている。

コダック、実売3万円の光学5倍ズームmm搭載400万画素機

焦点距離35〜175mm(35mm判換算)、開放F値2.8〜4.8の「Kodak Retinar」mmを搭載。最短撮影距離は60cm。マクロモード時の撮影距離は広角端が5〜70cm、望遠端が25〜70cmとなっている。