ソニー、厚さ10mmを切った薄型カードデジカメ「サイバーショットT7」というニュース。

薄型ボディにCarl Zeiss Vario-Tessar 光学3倍ズームmmを搭載した、サイバーショットTシリーズの最新機種。基板や屈曲光学系mmユニット、バッテリの小型化により、本体の厚さ9.8mmを実現。本体サイズ91.7×9.8×60.2mm(幅×奥行き×高さ)、撮影時重量136gとなった。Tシリーズ初代のT1から体積が57%、質量が70%、最薄部が57%まで削減された。これにより、ポケットのほかに名刺入れやポーチ、財布にも収納可能としている。

4月15日より発売予定で、店頭予想価格は55,000円前後の見込みとのこと。

それにしても9.8mmですか。薄いですね。名刺入れ、財布にも収納可能というのが凄いです。いくら進化しているとは言え、こんなに薄くて光学3倍ですからね。

音声付動画撮影も可能。画素数とフレームレートは640×480ピクセル/約30fps、640×480ピクセル/約16.6fps、160×112ピクセル/約8.3fpsでの動画撮影も可能。

小型だけど意外に厚みのあるデジカメがあったりしますが、これは横から見たら驚きそうです。

■デジカメ比較・価格比較

楽天デジカメ市場(比較検索が便利)
Amazonでデジカメ比較