*ist DSに待望のシルバー登場! “銀色ボディ”の魅力を探るという記事。

*ist DSにシルバーボディが登場した。中身は従来のブラックボディと変わらないが、見た瞬間の印象はずいぶんと異なる。精悍で引き締まった雰囲気のブラックに対して、軽やかで親しみやすい雰囲気がある。

シルバーボディにシルバーのズームmmがえらくカッコ良い‥‥。

そして、なんでこの記事が4ページもあるのかと思ったら「私自身がこれまでに感じた*ist DSの気に入った点と気に入らない点を整理しておこう」ということで、これからデジタル一眼レフを購入する人には非常に参考になるレポートではないかと思いました。

まず、私が*ist DSを好む最大のポイントは、やはりボディが小さくて軽いことだ。携帯性のメリットはもちろんのこと、スナップや人物を撮る場合に機材が大げさにならず、撮られる相手に威圧感を与えない利点もある。

*ist Dsを選ぶ理由はやはりココですよねー。そして、

逆に不満点は、AFのスピードがあまり速くなく、特に暗所ではもたつくことだ。mm一体型のデジカメよりは速いのは当然だが、ペンタックスはボディ内駆動のAFシステムを採用しているため、他社のmm内駆動のAFを体験した後では、スピードの遅さに苛立ちを感じる。

不満点もやはりココ。しかし、ボディ内駆動のAFだからこそ、超薄型mmのパンケーキmmが実現できた、ということもあるそうです。

日常的なスナップや記念写真を撮る用途では「鮮やか」を選ぶ、あるいは彩度とシャープネスを+側に設定している。仕事以外で人にあげる写真を細かく後処理するのはやっかいだからだ。「鮮やか」の設定で十分に見栄えのいい写真になる。

これも「そうそう!」という感じ。ああ、作品例とか見ていると、また手元にデジタル一眼レフカメラを置いておきたくなりますね。しかし、いずれ買うにせよ、とりあえずEOS Kiss digital NのAFスピードを体験してから、にしようと思います。*ist Dsもそれ以外は全く不満はないのです。唯一、そこだけ気になるという。

■デジカメ比較・価格比較

楽天デジカメ市場(比較検索が便利)
Amazonでデジカメ比較