米Sony、光学12倍手ブレ補正付きの「Cyber-shot DSC-H1」という記事より。

dsc-h1.jpg

米Sonyは、手ブレ補正機構付きの12倍ズーム搭載機「Cyber-shot DSC-H1」を、米国で6月に発売する。価格は500ドル。

アメリカで光学12倍+手ぶれ補正のサイバーショットが発表されています。発売は6月ということで少し先になりますが、ちょっとそそられるデザインだな。デジタル一眼レフカメラは来年のPanasonic + Olympusまで待とうかな、と思っており、それまではLUMIX FZ3一筋だと思っていたのですが、微妙に揺らぐ。

35mm判換算の焦点距離36~432mmのソニー製光学12倍ズームmmを搭載するデジタルカメラ。開放F値はF2.8~3.7。「Super Steady Shot」と名づけられた手ブレ補正機構を備える。

500万画素のCCD、5点AF、2.5型液晶モニターなどを搭載します。別売りオプションは、7倍のワイドコンバージョンmm、1.7倍のテレコンバージョンmmがあります(それぞれ150ドル)。

デザインはデジタルしているんですけど、色遣いがデジタル一眼レフしていて(黒 + シルバー)、その辺がなんともそそられます。日本での発売はいつ頃になるでしょうか?