秒間8コマの高速撮影対応のデジ一眼「D2Hs」という記事より。

ニコンカメラ販売は2月16日、秒間8コマの高速連続撮影に対応、報道やスポーツ撮影分野に適したデジタル一眼レフカメラ「D2Hs」を発表、3月25日より発売する。価格は51万4500円(税込み)。

D2Hsは、2003年11月に発売されたフラグシップ機「D2H」の後継モデルで、基本性能はそのまま継承し、

・イメージセンサーはニコン独自の撮像素子「LBCAST」
・有効画素数は410万画素
・秒間8コマの高速撮影
・JPEGで最大50コマ、RAWで最大40コマまでの連続撮影
・レリーズタイムラグは37ミリ秒

などの特徴を備えているそうです。

新たにD2Xから継承された新開発の画像処理エンジンを搭載、正確な色再現性となめらかな階調性を実現。特に、高感度撮影時の徹底したノイズ低減を達成している。

■デジカメ比較・価格比較

楽天デジカメ市場(比較検索が便利)
Amazonでデジカメ比較

■関連記事

ニコン、8コマ/秒連写のプロ向けデジタル一眼レフ「D2Hs」

AFアルゴリズムも新しくなり、ピント精度、被写体捕捉能力、被写体追尾能力が向上したという。測距素子はD2Hと同じく「マルチCAM2000 オートフォーカスモジュール」。測距点は11点でD2Hと同等。