SDメモリーカード初の容量2GB、ATP製「AF2GBSD」を試すという記事がありました。

そんな中、リオワークスが5日に発表したのが、容量2GBのSDメモリーカード「AF2GBSD」だ。製造は米ATP Electronics(Advanced Technology & Package)。発売は1月下旬で、予想価格は32,800円程度。これまで、発売当初の最大容量メディアは、ほかの容量より容量単価が高いことが多かった。しかし、この製品は現在販売されている1GB品の24,000円前後に対し、約1.4倍程度と比較的低価格に抑えられているのがうれしい。

RAWデータを撮影できながら1GBのSDメモリカードで我慢しなくてはならなかった*ist Ds、DiMAGE Aシリーズ、LUMIX DMC-LC1、R-D1などのユーザには朗報、という感じの記事です。RAWデータで撮影すると、HDDも増量しないといけませんね。

計測はR-D1のRAWデータで撮影後、プレビューが出るまでの時間をストップウォッチで計った。比較として、1世代前のリード10MB/sec、容量1GBの松下電器製「RP-SDH01GJ1A」と、20MB/secの512MBの同「RP-SDK512J1A」も用意。人的要因の大きい計測なので各カードとも10回計測し、その平均値を出した。

結果的には高速カード対応のデジカメが存在していないため、どのカードでもほぼ同じ時間だったそうです。違いが出るのは専用PCカードを使用した時のファイル転送ですね。ということで、撮影時に気にならなければ、基本的には転送速度はあまり気にしなくても良いのではないでしょうか。