初めてのデジタル一眼レフ選びという記事が日刊ゲンダイに掲載されたようです。

いよいよ待望のボーナス。そろそろいいデジカメが欲しい……と思っている人にとって狙い目はデジタル一眼レフだ。50代を中心とした中高年の“大人の趣味”としてひそかな人気だったが、この秋、各社が低価格の新機種を投入して、サラリーマンでもアレコレ迷える豊富なラインアップになった。昔のカメラマニアも、新たに使ってみたい人も見逃せませんゾ(価格は実勢)。

価格も下がり始め、いよいよ本格的な普及期へ、というのを感じさせる記事でした。「昔使っていた一眼レフのmm資産がある人なら、そう迷うことなくそのメーカーのカメラを選べばいいでしょう。しかし、初めて買う人なら、とりあえず手にしたい派か、本格的にやりたい派か、などで機種選びが違ってきます」というコツが紹介されています。

記事では10万円以下、10万~15万円、15万~20万円という価格帯でデジタル一眼レフカメラが紹介されています。10万円以下はE-300と*ist Ds、10万~15万円はD70とE-1、15万~20万円はEOS 20Dとα-7デジタルということになっていますね。

この分野を切りひらいたEOS Kiss Digitalに関しては、「写り自体は悪くないが、モデルチェンジの時期が近いはず。今あえて選ぶ意味はないと思います。それを承知のうえなら」と。

初めてデジタル一眼レフカメラを手にしようとしている方には、個人的なお勧めはPENTAX「*ist Ds」ですね。ボディサイズが小さく、家族で使うにはうってつけです。

PENTAX *ist Dsmmキット デジタル一眼レフカメラ DA18-55/3.5-5.6ALmmセット

PENTAX *ist Dsmmキット デジタル一眼レフカメラ DA18-55/3.5-5.6ALmmセット