700万画素デジカメの利点は何?という質問記事です。

最近、小型デジカメにも700万画素前後の製品が出てきました。けれども、700万画素はオーバースペックに感じます。700万画素を使う利点を教えてください。

自分には700万画素までは必要ない‥‥と思う人も多いと思いますし、実際に自分が購入するときを考えると、普通にL版をインクジェットで印刷するなら300万画素くらいあれば十分だな、と思うのですが、こういう場面で700万画素が役に立つというお話。

700万画素ほどの大きな画像が役立つのは、画像の一部を拡大して印刷した場合です。下の例を見てください。700万画素と400万画素の画像を用意して、それぞれ中央部分を切り出してL判用紙に印刷してみました。700万画素の画像だと切り出した部分がちょうど200dpiで印刷できて、きれいな仕上がりになりました。一方、400万画素の方は200dpi以下の印刷になり、やや粗くなりました。集合写真やズームできないシーンなどで、一部をもっと大きく印刷したいというときに役立ちます。

なるほどね!

ちなみに最近のインクジェットプリンターで印刷する場合、200dpiくらいだとキレイに印刷されるということで、それがL版なら必要なサイズは1000x701ドットなので、130万画素クラス(1280×960ドット)なら大丈夫、というお話なんだそうです。