オリンパスE-300mmセットが10万円弱で予約開始という記事より。

ヨドバシカメラの直販サイト「ヨドバシドットコム」で、オリンパスのmm交換式一眼レフカメラ「E-300」mmセットの予約が開始された。販売価格は99,800円。10%のポイントも還元される。

「ヨドバシドットコム」で予約が開始、なんとmmセットで99,800円だそうです。しかも10%ポイント還元なので、9万円ですよ一眼レフデジタルカメラが。なんといっても消費者は価格には弱いですから、ヒットの予感がします。

「発表当初、店頭予想価格はボディのみで10万円弱程度と見られていた」ので、これはびっくり価格ですね。オリンパスの本気が伺えます。ああ、クラクラする。親父のD70を触ると、やっぱりFZ3とは違うな、と感じますね。もちろん適材適所な訳ですけど。

冬商戦におけるデジタル一眼レフ新製品の最安値は、ペンタックスの「*ist Ds」と見られていたが、同じくヨドバシカメラではボディのみ99,800円、mmキット127,800円(共に10%ポイント還元)で予約を受け付けている。

ペンタックス「*ist Ds」のボディのみと同じ価格ですからね。

なお、E-300mmセットに付属する交換mmは、同時発表の「ズイコーデジタル14-45mmF3.5-5.6」。交換mmの標準価格は32,550円。ボディのみの発売は来春に予定されている。

E-300スペシャルサイト

E-300 mmセット

E-300 mmセット

■デジカメ比較・価格比較

楽天デジカメ市場(比較検索が便利)
Amazonでデジカメ比較

■関連記事

mmセットで10万円を切る先進デザインのデジタル一眼レフ「E-300」

イメージセンサーは、E-1同様にフルフレーム型CCDを採用しているが、画素数はE-1の500万画素から800万画素へと大きくアップしている。サイズは、システムの名称にもなっている通り4/3型だ。高画素らしい十分な解像感があるうえに色の作り方も鮮やかで、なおかつ色にコクがあるという印象を受ける。特に、青空や夕焼けといった風景の描写で、特にその傾向が感じられた。また、精細感の高さを生かして、航空機や車といった金属物の質感もうまく写すことができた。

【実写速報】オリンパス E-300

「実写速報」は、編集部に届いた新製品のデジタルカメラの外観、仕様を掲載するとともに、編集部による実写画像をいち早く掲載するコーナーです。

【1st Shot】オリンパス E-300 実写画像

オリンパスのデジタル一眼レフ「E-300」(ベータ機)の、山田久美夫氏による実写画像をお届けする。撮影には「ZUIKO DIGITAL 14-45mm F3.5-5.6」を使用した。ボディーはベータ機だが、ほぼ製品版に近い状態。

オリンパス「E-300」

オリンパスは9月28日、普及価格帯のデジタル一眼レフカメラ(DSLR)「E-300」を発表した。E-300は昨年発売された「E-1」と同様の「オリンパスE-システム」となっており、「フォーサーズシステム規格」に準拠。E-1の技術をベースとして、3/4インチの有効画素数800万画素のフルフレーム型CCDや「ダストリダクションシステム」を搭載するなど、他社の普及型DSLRに比べて、機能の差別化が図られている。