シーアンドシー、スレーブ発光可能な小型水中ストロボというニュースより。

コンパクトデジタルカメラでの使用に向いた小型ストロボ。デジカメ内蔵ストロボの発光により動作する「スレーブ発光」が可能。プレ発光1回キャンセル機能を搭載し、プレ発光で調光するデジタルカメラにも対応する。スレーブオート発光は絞りF2.8固定。

聞くところによると、その筋では有名な株式会社シーアンドシーという会社が出すそうです。小型の水中外部ストロボ「YS-15AUTO」は11月30日より発売予定。価格は29,400円とのこと。意外に安価に入手できるんだな、というイメージです。ぼくは水中撮影とかしないのですが、ダイビングする人だったら、こういうのあると良いのかもしれませんね。本体サイズは65×111×91mm(幅×奥行き×高さ)、重量は280g。
 

ガイドナンバーは12(ISO100、陸上)、照射角は75度×55度。色温度はフル発光で5,600K、減光フィルター使用時に5,300K。耐圧水深は60m。ダブルOリング圧着による防水機構や、オーバープレッシャーリリーフバルブを装備する。

コンパクトカメラの防水ケースに取り付けられる小型軽量のストロボアームステー「シーアームLight」も同時発売です。オーリトラリアで体験ダイビングをした時に、こんなアームの付いたストロボを持った人にデジカメで撮影されましたよ、そういえば。

価格は2灯対応のダブルセットが20,475円、1灯対応のシングルセットが14,700円。YS-15AUTOとシーアームLightシングルとのセットが43,575円。