飛鳥、3万円を切る40GB HDDポータブルストレージを限定販売という記事より。

株式会社飛鳥は、HDD容量40GBのポータブルフォトストレージ「Tripper 40」を10月下旬に限定発売する。価格はオープンプライス。直販価格は28,800円。対応OSはWindows 98/98 SE/Me/2000/XP、Mac OS 9.0〜9.2.2/10.1.3〜10.1.5/10.2/10.3。

以前、ネタフルでも携帯型外部ストレージの実力は?(飛鳥Tripper)としてお伝えしたことのある「Tripper」ですが、なんと、

Tripperシリーズの40GBモデルとしては、すでに「Tripper Next 40」(直販価格39,800円)が7月に発売されている。しかし、4カ月経った現在でも生産が追いつかないほど好評だという。そこで、初代Tripper(2002年6月発売)のHDDを20GBから40GBに換装し、限定モデルとして発売する。

ということだそうです。やっぱり、みんな欲しかったのね! デジカメ画像を保存するにはもってこいだと思いマスカラー!

ちなみに、「Tripper Next 40」と「Tripper 40」の違いは、

Tripper Next 40とTripper 40の違いは、対応ファイルフォーマットの差異(Tripper Next 40がFAT32およびFAT、Tripper 40がFATのみ)に加え、USBバスパワーに対応。また、パスワード、バックアップ中のバー表示、フォルダ情報表示、内蔵HDDのフォーマット、内蔵HDDのフォルダ削除などの機能もTripper Nextにしか搭載されていない。本体カラーもNextのブラックに対し、シルバーを採用している。

このようなものだそうです。けっこう違いますね。でも、とりあえず保存できれば良い、という人には良いかも、ですね。

▼楽天で「Tripper Next 40」を見てみる( a , b