超小型で大人向けのファッション系デジカメ——DSC-L1 という記事より。

超小型デジカメとして注目を博した「サイバーショット Uシリーズ」(以下、U)を継承するようなスタイルだが、カジュアルでポップなUに対してL1は高級でハイソな、Uが女子学生向けならL1は外資系OLというようなそんなテイスト。

Amazonで「Cyber Shot DSC-L1 S」を見てみる

コンパクトかつ柔らかな曲線のフォルムで高品位なデザイン。おもわず手に取りたくなる質感と個性的なカラーを採用したデジタルカメラです。CyberShotならではの有効410万画素カールツァインスmmや光学3倍ズームなど、基本性能の高さは折り紙付き。本体色はプラチナシルバーです。

基本性能も一線を画しており、Uはmmカバーを開くだけで気軽に使える高速起動単焦点デジカメだったのに対し、L1は電源スイッチを入れるとmmカバーが開いて沈胴式mmがせり出てくる3倍ズームデジカメである。カメラとしての機能も小型化カジュアル化のために割り切りがあったUに比べて、L1は一般的なズームコンパクト機と同等レベルを実現しており、明らかにワンランク上だ。

確かに電源を入れて起動に2秒かかるあたり、標準的なスピードではありますが、これまでのUシリーズと比較すると“優雅”な印象かもしれません。

面白いのは底面。三脚穴はないが、小さなねじ穴が切ってある。ここに本体に付属する三脚アダプターを装着すると三脚が利用可能になる。三脚穴に対するニーズは非常に高いらしく、苦肉の策であろう。

無くしてしまうのではなく、付属品とは言えニーズに応えているのは流石ですね。旅行などのスナップで三脚は必須、というケースは多いでしょう。

Amazonで「Cyber Shot DSC-L1 R」を見てみる

Amazonで「Cyber Shot DSC-L1 LJ」を見てみる