エプソン、年末商戦、新・複合機カラリオ3モデル投入という記事より。

エプソンは、年末商戦に向けてプリンタ、複合機の新機種計9モデルを市場に投入する。複合機では「PM-A900」が10月22日発売で想定価格4万円台後半、「PM-A870」が10月7日発売で想定価格3万円台中盤、「PM-A700」が10月7日発売で想定価格2万円台前半。A3ノビ対応の「PX-G5000」が11月12日発売で想定価格6万円台後半。

基本的にはデジカメ写真の印刷と年賀状がプリンタのメイン要素なのですが、スキャナやコピーといった複合機にも興味があるにはあります。「エプソンでは、プリンタ出荷の構成比で複合機45%達成を目標」としているそうで、今後ますます複合機の売り込みが激しくなりそうな予感ですね。

「スキャナ部に3200dpiのα-Hyper CDDを搭載し、手書き文字などを写真と合成印字する複合機ならでは機能で「楽しく年賀状作成」をアピールする」ということで、こういう使い方もなるほどな、という感じです。

「PM-A700」は複合機ラインナップでは入門機モデルの位置付けで、低価格と省スペースが特徴。印字解像度は5760dpiで、1200dpiのCISスキャナを搭載。プレビュー液晶は装備しないが、操作パネルを判りやすく表示して工夫している。パールホワイトのスタイリッシュボディで、リビングにも違和感なく設置できるデザインになっている。

そういえば、あややとモーニング娘。のTV CMを見ましたが、何がなんだか分かりませんでした(笑)

Amazonで「エプソンのプリンタ」を調べる

■関連記事

エプソン、インクジェット複合機ラインアップを強化。4機種を発表

PM-A900、PM-A970、PM-A700は「フォト複合機」として位置づけられており、デジカメ写真の印刷や紙焼き写真のデジタル化、ダイレクトプリントに特化した作りとなっている。いずれも昨年同様の「つよインク」である染料系の「PM-Gインク」を採用しており、耐オゾン性10年、耐光性20年。

エプソン「オールフォト・カラリオ」はあややとモーニング娘。がCMするゾ

気になるCMの中身はというと、松浦亜弥さんの「オールフォト大使」を筆頭に、モーニング娘。12人のメンバーがそれぞれ、オールフォト・カラリオ最上位機種「PM-A900」が搭載する12製品特徴を担う大使たちに扮するというもの。昨年ひとり4役をこなした「あやや」こと松浦さんのCMにひきつづき、写真プリントにニーズを持つ幅広い層に、各機能が分かりやすく、印象深く刻まれそうなCMに仕上がっている。