キヤノン、ボックスシルエットの新PIXUS発表 という記事より。

キヤノンは、同社プリンタPIXUSシリーズの2004年秋モデル群を発表した。新PIXUSでは、プリンタヘッドの微細化技術「FINE」が投入された。FINEにより、ローエンドからハイエンドまでインク滴2pl、解像度4,800dpiのスペックを備えるなど、「写真画質」の向上が続けられたほか、多くのモデルで両面ユニットを標準装備、底面にペーパーカセットを備えるなど、従来の同社のプリンタから給・排紙方法が大きく変更されており、直方体のボディと併せて柔軟な設置を実現、使いやすさも向上させた。

今回の新製品では、やはりボックスシルエットと呼ばれる形が大きな特徴でしょう。日経新聞にも一面で広告がありましたが、ちょっとこう、物欲というか所有欲をかきたてられるデザインなのではないかと思います。パソコンがリビングに進出し、プリンタにもリビングに置けるデザインが求められていたということでしょう。

高画質なデジタルカメラなどからの出力を目的とし、8色インクタンクの採用で高画質を目指すiP 8600・iP 8100・iP 7100、カードダイレクトプリントに対応したiP 6100D、上位機種から多色インクなどは省略しつつ高画質・高速を両立させたバランスモデルiP 4100・iP 3100、IEEE802.11g/Ethernet対応iP 4100R、そしてエントリーモデルのiP 2000・iP1500となっています。ボックスシルエットのモデルは底面にペーパーカセットを備える底面給紙・前面排紙を実現しています。これは他にはない機能ですね。

もし自分で購入するならば、無線LANに対応したiP 4100Rにすると思います。せっかくのデザインですから、リビングからコードも排したいですね。iMac G5を置き、ボックスシルエットのプリンタ‥‥うーん、いいね。

■Amazonで購入するとギフト券15%還元

iP 8600
iP 8100
iP 7100
iP 6100D
iP 4100
iP 3100
iP 4100R
iP 2000
iP1500

■関連記事

キヤノン、インクジェット複合機3機種を発表——両面印刷対応モデルも

キヤノンは9月28日、インクジェット複合機の新製品3機種を発表した。最上位モデルの「MP900」はスキャナ機能として3200dpi/16ビットの解像度を持つCCDを搭載するなど高機能化。また、いずれの機種もMac OS X(10.2.4以降)に対応した。

長谷川京子もお気に入りキヤノンの"SUPER PHOTO BOX"には何が入ってる?

同社では、ユーザが店頭プリントのメリットと考えている高画質・長寿命そして手軽がPIXUSでも実現可能であることをFINE/ChromaLife100/BOXで訴求、DPEからホームプリントへの移行を促進したい考えだ。「ホームプリント文化を立ち上げ、早期にデジタルフォトのすべての分野でNo.1を実現したい」(村瀬氏)。