「撮る」、「観る」、「プリントする」の3つの楽しみを追求したコダックの戦略機という記事より。

コダックは、約510万有効画素CCDと光学3倍ズームmmを搭載したコンパクトデジカメ「EasyShare LS755 Zoomデジタルカメラ」を10月中旬に発売する。ボディにはアルミニウム製で、シルバー、レッド、ブラックの3種類のカラーバリエーションを用意する。価格はオープン、予想実売価格は4万円前後。

撮影するだけでなく、観る、プリントする楽しさまでを兼ね備えたコダックの戦略モデルだそうです。

観る楽しみ:

2.5インチ約20.7万画素の大型液晶ディスプレイを搭載した。この大型液晶ディスプレイは、同時発売の「EasyShareフォトフレームドック」(価格:オープン)と併用することで、お気に入りの写真をスライドショー形式で表示するフォトフレームとしても使用できる。

プリントする楽しみ:

プリントする楽しみでは、ケーブル接続が不要で、デジカメを載せるだけで簡単に写真プリントが行えるホームフォトプリンタ「EasyShareプリンタードック」(税込み1万7900円)に対応した。

初心者にとっては、こういうパッケージになっていると安心な面もあるかもしれませんね。例えば実家の両親などにも勧めやすいと思うのです。

mmには、プロ用大判mmとして定評のある独シュナイダー製光学3倍ズームmm(Schneider-KREUZNACH C-VARIOGON)を搭載する。

■デジカメ比較・価格比較

楽天デジカメ市場(比較検索が便利)
Amazonでデジカメ比較