400枚撮り+便利なビジネスショットが付いた軽薄短小デジカメ——EXILIM EX-Z55という記事より。

EXILIM ZOOMの新バージョン「EX-Z55」は、CIPA準拠のテスト方法で400枚撮影可能という、ロングラン撮影が可能なデジカメだ。名刺やホワイトボードを正面から撮ったように加工できるビジネスショット機能も加わり、普通に使っても凝った使い方をしても楽しめる定番デジカメとなった。

個人的にはFZ3をメインに使用していますが、日常のスナップにはこうしたスモールデジカメもあると便利だな、と思います。最近のスモールデジカメは本当にスモールですからね。子供を連れて公園に遊びに行ったりすると、お母さんが首から下げているのをよく見かけます。デジカメの普及率もさることながら、その小ささに驚きます。

フォーカス関連ではオートパンフォーカス機能も捨てがたい。シャッターボタン半押しをするとAFが動作するが、それを略して一気に押すと、パンフォーカスモードになるのだ。要するにカメラ側が勝手に「この辺」と決めた位置にフォーカスが合うので、ピンボケの確率は上がるが、AFが動作しない分シャッターチャンスを逃さない。

この機能は、動き回る子供を撮影する時にも有効かもしれませんね。他にもシャッターチャンスを逃したくない、という場面はいろいろあると思いますが。

起動は公称で約1.6秒、実測でも2秒弱となかなか快適で、レリーズタイムラグも約0.01秒。オートパンフォーカスなども組み合わせると、かなり快適なストレスのない操作が可能だ。ただ撮影間隔は実測で2秒程度と速い方ではない。

とはいえ、日常のスナップには十分ではないかと思います。

一番のポイントはなんといっても2.5インチの液晶パネル。液晶パネルを2.5インチに大きくしたにもかかわらず光学ファインダは搭載しているし、ボディのサイズも2.0インチパネルを使っていた前モデルから変わらないというのがこだわりだ。

背面の大部分が液晶という感じで、ちょっと老眼が始まったうちの良心にも良さげかも。ヒストグラムが表示されるのもポイントです。さらに、「名刺や書類を写します」「ホワイトボードなどを写します」という機能が追加されているのですが、これも面白いですね。

机の上などに置いた名刺を撮りやすい角度で適当に撮ると、そこから名刺と思われる矩形部分を検出し、歪みや傾きを補正して長方形の画像を作り出すのだ。

会議の時に斜めから撮影したものを、正面から見ているように補正してくれる機能です。

カードや書類、ホワイトボード以外でも、観光地の解説や名所旧跡の由来を書いてある板、時刻表など四角くて切り取って正面から見たいものがあればけっこう役立つ。

■デジカメ比較・価格比較

楽天デジカメ市場(比較検索が便利)
Amazonでデジカメ比較

■関連記事

2.5型の大型液晶搭載でもスリムな500万画素機「EX-Z55」

実際に使ってみると、EXILIMの伝統である操作レスポンスのよさが快適に感じられる。撮影や再生などのモード設定用ダイヤルは用意されず、電源オフの状態で「ダイレクト撮影ONボタン」を押せば瞬時に電源が入り、撮影のスタンバイが完了する。