デジ一眼入門機で使えるCFタイプHDD——ロジテック「LMC-CFHD2G」 という記事より。

LMC-CFHD2Gを使うと、EOS Kiss DigitalではJPEGの最高画質でも600枚ほど撮影できる容量であり、旅行で撮りためる場合などに威力を発揮するだろう。速度は最高スペックではないものの、連写を多用するのでなければ、気になるほど遅いわけではないし、大容量を求めるユーザーにはうってつけの製品となるだろう。

他社最速品と比較すると速度はやや低めのようですが、連写を多用しないのであれば、何より撮影枚数が多いのは助かると思います。

販売価格をライバル製品と比較すると、マイクロドライブの2Gバイトモデルは実売が3.3〜3.5万程度のため、LMC-CFHD2Gのほうが1〜2割ほど安価だ。高速タイプCFでは、1Gバイト製品でも4万円とかなり高額だ。

「EOS Kiss DigitalではJPEGの最高画質でも600枚ほど撮影できる容量」というのは心強いですね。少し長期の旅行に出る際に、記録メディアは複数持っていきたいところですが、その際の良い選択肢になるのではないでしょうか。

現時点では、EOS Kiss デジタル、PowerShot G5/同S50/同S45、D70、FinePix S602に対応しているそうです。

楽天で「LMC-CFHD2G」の価格を調べる
Amazonで「LMC-CFHD2G」の価格を調べる